かちえびづくり

豊前海特産の「えびざっこ」

小さいエビのことを、中津周辺ではえびざっこ(=雑魚のエビ)と呼びます。えびざっこが市場に揚がる季節です。

塩茹でしてそのまま食べても、かき揚げにしても美味しいですが、さっと塩茹で したものをお日様の下でカリッカリに干します。

干し上がったエビを棒(浜のお母ちゃんたちは一升瓶)でたたいてから、頭と殻を取り除くと、豊前海名産の「かちえび」になります。いわゆる保存食ですね。お土産屋さんや乾物屋さんで買うと結構なお値段します。だって手がかかってるから。だから、エビザッコが安い時に手づくりするのです。シロートづくりだから、保存は冷凍庫^^

ご飯を炊く時に、かちえびをひと握りと、昆布とお酒とちょっとの塩(この辺の調味料はお好みで)いれますと、かちえびご飯のできあがり。美味しいです。とーきどき、「ひがたかふぇ」や「突然ひがたらぼランチ」に登場する一品です。

 

Posted in 中津干潟を食べちゃう.