これはなんの鳥?

3月29日、写真のようなものが「ひがたらぼ」にやってきました。中津市内の陶芸家であった亡き某氏とともに水辺に遊ぶ会が永年秘密裏に開発を続けてきた最強オブジェのプロトタイプである。南米の古代遺跡から発掘されたような素朴な肌触り、見る者を一気に脱力させるその風貌、一見の価値ありです。ひそかに「ひがたらぼ」に展示中。なお、販売の予定はない…。

トウキョ○バナナか、カラスミか…、などという感想は一切受け付けない!ただしクチバシは折れやすい。

Posted in ひがたらぼの日々.