大新田の動物たち

9月から10月にかけて大新田でアライグマ調査を行っています。いくつか見られた動物を掲載しますね。

キツネ

タヌキ?それとも…

またタヌキ

チョウセンイタチ?

んでキツネ

またキツネ

たぶんチョウセンイタチ

またまたキツネ

 

以上。今のところアライグマは写っていないですね。大分県と福岡県の県境、特に山国や耶馬溪の奥の方はかなりヤバイ状況になっています。アライグマは条件が整うと1年で3倍も5倍も増えます。手がとても器用で、頭もいいので、農作物被害が出だすと手が付けられません。昔放送された某アニメのおかげで、本当にラスカル(rascal:ならず者)が放り込まれてしまいました。ちなみにアライグマは環境省の特定外来生物に指定されていて飼育や野外に放つことなどが禁止され防除の対象とされています。

Posted in トップニュース, 中津の生きものたち.