カブトガニ産卵調査

6月19日カブトガニ産卵調査を行いました。昨年から地球環境基金の助成をいただき満潮時の目視での調査は効率的にできるようになりました。また、これまで調査が難しかった地点を調べることもできるようになりました。 でも、やっぱり […]

またまた発見カブトガニの産卵

6月18日にもドローンによるカブトガニ産卵調査を行いました。今回いつもの場所では産卵確認は出来ませんでしたが、新たに産卵を確認しました。前回新発見した場所のすぐ側でしたので、一帯で産卵行動があるのかも知れませんね。

ベッコウトンボまだいたよ!

6月16日野依新池でトンボの調査を行いました。今年はベッコウトンボの数が激減してかなり心配です。でも、ほかのトンボたちが比較的順調に顔をだしているようです。この日はなんと、ベッコウトンボも一頭見ることが出来ました。 キイ […]

カブトガニ産卵調査新発見です。

水辺に遊ぶ会発足当初から続けているカブトガニ産卵調査。昨年から地球環境基金の助成を受けてドローンによる調査を始めました。去年は、いつもの場所で産卵していることが確認できたのですが、今年初めて、全く別の場所で産卵しているこ […]

カブトガニ成体調査

6月12日カブトガニ成体調査を行いました。漁師さんの網に間違ってかかってしまうカブトガニを調査しました。この日は、成体13、亜成体4、幼体2といった感じ。でも今年は、時期が早いし数も多いです。小さいのを合わせると100匹 […]

ネオニコ調査

全国各地で、希少な昆虫類の減少があるなってことがいわれているようですが、野依新池周辺も農薬の影響が心配されています。そんなこんなで、今注目のネオニコチノイドの調査をしました。実査には、池の入り口と出口で採水して、大学の研 […]

縄文時代の貝の同定

5月30日に縄文時代後期(4000年〜3000年前頃)の遺跡周辺から出た貝の同定を依頼されたので専門家の先生に見てもらいました。その結果、いわゆる貝塚ではなく何らの道具として使っていたものがまとまって出土したものではない […]

水産大学校さんやってきました

下関の水産大学校の先生と学生さんが、今年の研究内容などのご報告と情報交換にひがたらぼにやってきました。この日は島根大学の先生もご同行。 中津干潟の貝やカニ、魚の研究を今年もしっかりやっていくことになりました。貝がどの辺に […]

ブルーカーボン・コアマモ調査

昨年から、中津干潟に広がるコアマモの調査をしています。 写真中央部がコアも群落です。ここ以外にも広大な面積が広がっています。 今ブルーカーボンということで、アマモやコアマモなどの海草、ワカメなどの海藻がCO2を吸収するこ […]

大新田ビーチクリーン

5月22日、今年度初めての大新田海岸ビーチクリーンを行いました。250人余りの参加ボランティアの皆様のおかげで海岸はとってもきれいになりました。ありがとうございました。また、松林の方は今年から新たな工夫を始めていますが、 […]