大五郎3号を見守る…

塩分濃度記録用ロガー「大五郎3号」は沖合2キロほどに刺したポールに設置していますが、最近やたらと長時間「ミサゴ」が留まっています。ポールだけの時は止まってなかったのですが、大五郎逸脱防止用の金具を付けたところ、たぶん足に心地よく留まりやすくなったのだと思われます。毎日「大五郎3号」の安否を確認していますが、いつもこのミサゴさんも観察する事になります。

遠いので少々分かりにくいですが、中央にいるのがミサゴ、そして、足下に光るのが大五郎逸脱防止用金具、そしてミサゴさん直下の波間にただよう大五郎3号。

 

Posted in ひがたらぼの日々.