野依新池ベッコウトンボ保全作業

いつ:
2018年11月25日 @ 08:45 – 15:00
2018-11-25T08:45:00+09:00
2018-11-25T15:00:00+09:00
どこで:
野依新池
日本、〒879-0104 大分県中津市野依
連絡先:
NPO法人 水辺に遊ぶ会
0979-77-4396 携帯080-5248-7443

11月25日(日)中津市野依の「野依新池」でベッコウトンボの保全作業を実施します。基本的な作業は、池内に広がったハスやヨシの根を抜いて池の外に運び出すことです。ベッコウトンボの生活空間を確保したり、池の遷移を防ぐことが主な目的になります。ご興味のある方はご連絡ください。

今年も地元の「野依ベッコウトンボを守る会」の方々を中心に、水辺に遊ぶ会の関係者、日本文理大学、九州大学など若い力も加わって作業を行います。

作業は、ウエイダー(胴長)を着て池の中で植物の根を抜く作業と抜いた根などを小さな船に乗せて引き揚げる作業に分かれます。どちらでも都合の良い方をご選択下さい。

ベッコウトンボの数は今のところ例年通りで、それほど減っていませんが、最近平均水位が低下した関係でアメリカザリガニが増えつつあるようです。

すぐ近くの宇佐市の植野池は、昨年水位が低く、例年ナワバリ行動や産卵が見られた場所が干上がってしまったため来年春の発生数が心配されるところです。

また、北九州地方の発生するがかなり減っていますので、結果として野依新池の重要性が高まっています。

写真は去年の様子です。

野依新池の作業をする理由

Posted in .