アオギス

中津干潟を代表する魚類のアオギス。よく知られているシロギスよりも体長が大きく、胸びれが黄色いところと、背びれに斑点があるところが特長です。大きいものでは30㎝くらいになります。かつては日本の大きな河川が注ぎ込む浅海域に広く生息していた魚ですが、現在ではまとまった生息地は豊前海を中心とした海域だけになってしまいました。

Posted in 中津干潟の保全, 中津の生きものたち, 自然ってすばらしい.